【赤】夏を表現する配色

【赤】夏を表現する配色

色のキーワード…太陽、光、暑い、花火、お祭り、明るい、ビビットカラー、ラテンカラー

おだやかな陽射しの春が終わると、その後のじめじめした梅雨の季節を吹き飛ばす夏の暑さがやってきます。強い日差しに照らされて、自然の色も鮮やかな濃い色になるので、夏を表現する色は、ビビットで カラフルなラテンをイメージする色がよく合います。
中南米やスペインなどのラテン系の色のイメージです。

夏のイメージは、爽やかな気分になる涼しい色でも表現することがありますが、今回は、暑さを表現する暖色を選びました。
黒をバックにすると、花火やお祭りにも合うイメージです。

夏のイメージ用カラーパターンの一例(RGB/HTMLカラーコード)

●メインカラー(赤)
R249 G34 B0 / #F92200

[連想するイメージ]暑い、熱い、トマト、スイカ、唐辛子など
人間の血の色でもある赤は、活動的、情熱的な気持ちを高め、購買意欲を掻き立てる色でもあります。彩度が高くよく目を引く色なので、注目させたい部分で使われることが多い色です。
炎のような明るい赤で熱さを表現します。

●サブカラー1(オレンジ)
R255 G119 B0 / #FF7700

[連想するイメージ]太陽、暑い、楽しい、明るい
明るさや温かみを感じる色でもあることから、家庭を感じさせる色でもあります。
暑さと陽気さを感じるオレンジは、まさにラテン系の色です。
花火の色もイメージできます。

●サブカラー2(黄色)
R255 G204 B0 / #FFCC00

[連想するイメージ]光、太陽、ひまわり、元気
光のイメージを感じるところから、希望や明るさ、楽しい印象を感じる色です。
ひまわりの色でもあるので、夏を感じる色です。

●アクセントカラー1(茶色)
R136 G68 B0 / #884400

[連想するイメージ]大地、自然、おだやか
地味な印象の茶色ですが、落ち着いた、渋い大人の色でもあります。
また、田舎で過ごす夏休みのような、懐かしさと穏やかな印象を与えることができます。

●アクセントカラー2(青)
R0 G102 B255 / #0066FF

[連想するイメージ]海、青空、 水、冷たい、涼しい、信頼
さわやかで済んだ空やきれいな海をイメージすることから、信頼を表す色とされて、企業のロゴマークで使われる頻度の高い色です。
熱い赤と対照的な冷たい色を少し入れることで、より暑い夏を感させてくれます。

●アクセントカラー3(黒)
R153 G153 B153 / #999999

[連想するイメージ]堅い、高級、モダン
重たい、暗いイメージのある黒ですが、シャープさと重厚感も感じる色なので、広い面積で使用すると、高級なイメージを与える色です。
テキストの色としても一番読みやすく、どのシーンにも合う色です。
ビビットな色とのコントラストが、よりラテンな印象を与えます。

Follow me!