【黄緑】春を表現する配色

【黄緑】春を表現する配色

色のキーワード…新緑、菜の花、桜、若い、新生活、やわらかい、明るい、パステルカラー

寒い季節が終わって暖かい陽が差し始める春は、物事が新しく動き出す季節。
そのイメージには、 赤ではなくピンク、緑ではなく黄緑といった、暖かさとやわらかさを感じる色がよく合います。

このパターンでは黄緑をメインにしていますが、サブカラーの黄色やピンクも多めに使って、野原を思わせるような明るく華やかな春を表現しています。
春の空をイメージした水色をアクセントにすると、よりさわやかな印象になります 。

春のイメージ用カラーパターンの一例(RGB/HTMLカラーコード)

●メインカラー(黄緑)
R208 G230 B153 / #D0E699

[連想するイメージ]若い、新緑、若葉、ふきのとう、ナチュラル、平和
若草色とも呼ばれ、さわやかで新鮮さを感じる色です。
新入生、新入社員のイメージにぴったりです。

●サブカラー1 (黄色)
R255 G236 B153 / #FFEC99

[連想するイメージ]菜の花、たんぽぽ、筍
光のイメージを感じるところから、希望や明るさ、楽しい印象を感じる色です。

●サブカラー2(ピンク)
R255 G204 B214 / #FFCCD6

[連想するイメージ]桜、桃、かわいい、優しい
春というと誰もが思い浮かぶ桜の色。 かわいらしく優しい印象になります。
パステル調のピンクで、優しい色を選びました。

●アクセントカラー1(水色)
R102 G192 B224 / #66C0E0

[連想するイメージ] 清潔、さわやか、水、空
爽やかな風や川、空を感じる色です。新鮮で清潔なイメージを感じさせてくれます。

●アクセントカラー2(ピンク)
R255 G102 B119 / #FF6677

[連想するイメージ]桜、桃、かわいい、優しい
春というと誰もが思い浮かぶ桜の色。 かわいらしく優しい印象になります。
このピンクは、アクセントとして少し濃いめの色を選びました。
メインカラーやサブカラーに乗せる文字の色としてよく映える色です。

●アクセントカラー3(茶色)
R134 G80 B0 / #865000

[連想するイメージ]大地、自然、おだやか
地味な印象の茶色ですが、落ち着いた、渋い大人の色でもあります。
また、懐かしさと穏やかな印象を与えることができます。
黒ではなく茶色をポイントで使うことで、ナチュラルな印象になります。

Follow me!