【ピンク】春を表現する配色

色のキーワード…桜、新緑、菜の花、筍、若い、卒業、新生活、やわらかい、明るい、パステルカラー

寒い季節が終わって暖かい陽が差し始める春は、物事が新しく動き出す季節。
そのイメージには、 赤ではなくピンク、緑ではなく黄緑といった、暖かさとやわらかさを感じる色がよく合います。

さくら色、 若草色 、やまぶき色といった、植物の色で例えられるものが多いのもこの季節の特長です。

寒さを感じさせない、明るく楽しく幸せな気分の色を使って、何かを始めたくなる気分にさせることが、カラーマーケティングとしても有効です。

春のイメージ用カラーパターンの一例(RGB/HTMLカラーコード)

●メインカラー(ピンク)
R255 G136 B153 / #FF8899

[連想するイメージ]桜、桃、母の日、かわいい、優しい
春というと誰もが思い浮かぶ桜の色。 かわいらしく優しい印象になります。
ピンクといっても赤味が強い色や淡い色など幅が広いですが、派手さを抑えた落ち着いた色味を選びました。

●サブカラー1(黄緑)
R163 G204 B0 / #A3CC00

[連想するイメージ]若い、新緑、若葉、ふきのとう、ナチュラル、平和
若草色とも呼ばれ、さわやかで新鮮さを感じる色です。
新入生、新入社員のイメージにぴったりです。

● サブカラー2 (黄色)
R255 G214 B85 / #FFD655

[連想するイメージ]菜の花、たんぽぽ、筍
光のイメージを感じるところから、希望や明るさ、楽しい印象を感じる色です。

●アクセントカラー1(薄紫)
R221 G153 B240 / #DD99F0

[連想するイメージ]藤の花、すみれ色、優雅
藤の花の花言葉は、「優しさ、歓迎」。この薄紫も、 春のイメージにぴったりなアクセントカラーになると思います。

● アクセントカラー2 (オレンジ)
R255 G160 B0 / #FFA000

[連想するイメージ]ポピー、マリーゴールド
明るさや温かみを感じる色でもあることから、家庭を感じさせる色でもあります。

●アクセントカラー3(グレー)
R153 G153 B153 / #999999

[連想するイメージ]おだやか、静か
強いイメージの黒ではなく、おだやかで明るいグレーをアクセントで使うと、全体を落ち着かせつつ、 他のパステルカラーを引きたててくれます。

Follow me!