【グリーン】迷彩配色

色のキーワード…迷彩、遊び心を感じさせる、明るい、若い

「遊び心を感じさせたい迷彩」表現では、彩度は高いものを選びます。緑系統で配色しましたが、さらに、彩度の高いオレンジと、ブルーを差し込むことで、遊び心を感じさせます。
明るい色と反対に、暗いダークグリーンを入れることで、画面にシャープな印象を与えます。全体として見た時に、子供や若い人にも合いそうな印象を与えます。

迷彩用カラーパターンの一例(RGB/HTMLカラーコード)

●メインカラー(明るい緑)
R148 G200 B169/ #94c8a9

[連想するイメージ]爽やか、自然、明るい、やさしい
さわやかでやさしいイメージを表現できる色です。
やさしい緑色は見る人にも受け入れやすく、目にも優しく、落ち着いたイメージを与えます。

●サブカラー1(緑)
R57 G171 B90/ #39ab5a

[連想するイメージ] 自然、葉
自然を感じ健康的な色です。
彩度も高いこの色は、植物を感じさせてくれる色です。

●サブカラー2(中間色な緑)
R50 G153 B104/ #329968

[連想するイメージ]やさしい、落ち着いた
緑の中でも微妙な色味になります。
強くもなく、薄くもないこちらの緑は落ち着いていて、大人な印象を与えます。

●アクセントカラー1(濃い緑)
R0 G87 B47 / #00572f

[連想するイメージ]暗い
緑の中でも、暗いイメージのある色です。明るい色と反対にシャープさやカッコよさを感じさせる色にも扱えます。
黒に近い緑なので、同系色とも相性の良い色です。
落ち着いた印象も与えます。

●アクセントカラー2(中間色な青)
R214 G28 B53 / #d61c35

[連想するイメージ]落ち着いた、爽やかな
空や水の色を表現できる青は、爽やかで、清涼感があります。こちらの青は彩度は高めで明るくもない色ですが、今回の配色の中では、緑系統と近い彩度や暗さがあるので、馴染みやすく、自然に一色増やすことで遊び心をねらいました。

●アクセントカラー3(オレンジ)
R246 G170 B0/ #f6aa00

[連想するイメージ]明るい、活動的な
前向きであり、活発な表現をできる、あざやかな赤みの黄色。
緑系統の配色と反対に、目立つ色になります。こちらの色を少しつかうことで、遊び心をねらった配色を考えました。

Follow me!